困ったー[ゲーム編]
【グーグルカードボード】まとめ 買うには?作り方は?

【グーグルカードボード】まとめ 買うには?作り方は?


投稿日:2017/02/22 09:06
更新日:2018/06/08 10:06
文字の目安:10249
グーグルカードボードは、スマホさえあればあとは箱を自作して簡単にバーチャルリアリティのシステムを作ることができます。
ここでは、グーグルカードボードの作り方や使い方をまとめてみました




 

1 グーグルカードボードとは?

Google Cardboard


段ボールを組み立て、レンズやスマホを装着する安上がりなバーチャルリアリティー・ヘッドセットです。
対応サイズは、130cm以上x75x10。
アンドロイドOS4.2以上。
段ボール製なので、基本的に顔の油脂がついたりして耐久性はそんなに期待しないほうがよいでしょう。一方、段ボール製なので位置調整などカスタマイズが楽というメリットもあります。
なんといっても価格が安いのでVR体験用としては、購入しやすいでしょう。
 

2 グーグルカードボードの作り方は?

設計図で自分で作る

設計図が公開されています。
Get Cardboard – Google VR
 
f:id:apicode:20170506092441p:plain
サイトの下の方に「ダウンロード」のリンクがあります。
ダウンロードして、段ボールなどの型を自分で作ることができます。
 

購入する

グーグルカードボードは仕様が公開されており、いろんな業者が製造しています。
アマゾンでも多数売られていますが、レビューをきちんと見て選びましょう。
ものによっては、欠品なども多いようです。中国からで2週間程度かかるものもあります。
 
うちが購入したものは、国内発送ですぐきました。
100円、200円の差でしたら、あまりケチらないほうがいいかもしれません。
 
購入すると、こんなのが届きました。
 
google cardboard
 

開封後は指示に従って組み立てます。まずは穴あけ。 google cardboard
 

レンズをはめこみます。 google cardboard

組み立て、マジックテープやNFCシールを貼って輪ゴムで止めればひとまず完成です。所要は5-10分ぐらいでしょうか。 google cardboard

細かいところ?は動画でチェックしましょう。 www.youtube.com
 

3 グーグルカードボードを試すには?

ストリートビューを使う 

組み立てられたらVRを試してみましょう。
グーグルストリートビューなら、カードボードで360度体験ができます。 アンドロイド版は以下よりダウンロードできます。
グーグルストリートビュー
 
 
ストリートビューを起動します。
20151013182850
 

場所を選択します。 すると右上にカードボードアイコンが出てくるので、クリックします。するとこんな感じになります。 カードボードでのぞいてみましょう。 20151013184641
 

NFCを書き込むには?


書き込みアプリをまずはインストールします。 「NFCタグマティック」というアプリで書き込むことができます。
NFCタグマティック - Google Play の Android アプリ
 
アプリを起動。とりあえず「ホームモード」を選びます。 20151013183405
 

「アプリを起動」を選択。
20151013183410
 

すると起動するアプリを選択できます。
例えば「グーグルストリートビュー」などを選択しておくとよいでしょう。 その後、右上にあるペンアイコンをタップします。 すると現在の設定が保存されます。続けて書き込みを選びましょう。
20151013183556
 

とりあえず「個人で使う」を選び、先へ進めます。 20151013183550

下のような画面になったら、NFCシールをアンドロイド端末に近づけて認識させます。 20151013183647
 

うまく認識すると書き込みを行います。 無事書き込めると以下のようになります。 20151013184428
 

書き込みができたら、グーグルカードボードにアンドロイド端末を入れてみます。
 
「グーグルストリートビュー」が自動的に起動したら、無事書き込みはOKです。
もちろんほかのアプリが起動するようにしてもいいです。


4 グーグルカードボードの磁石ボタンが効かない?

グーグルカードボードでは側面に磁石ボタンがあります。 
Google Cardboard


これをスライドさせることで命令をスマホに伝えます。
カードボード使用中は画面をタッチしたりできませんから、こちらのボタンでアクションを伝えることになります。
 
仕様はシンプルで、磁石をカードボードの両面から磁力でつないでいるだけです 
 

うちでは、ボタンが効きませんでした。

てっきり磁石ボタンは、スマホの何かキーを押しているのかと思っていました。
 
実際には、磁力を変化させると、その変化をスマホ側が探知可能なのだそうです。
したがって、磁石ボタン以外で何かボタンを押して対応ということでもないようです。
 
しかし押せないのはしょうがないので、試しに磁石のワッカを取り出してスマホのいろんなところに当ててみました。
 
..すると、うちのスマホSH04Gでは、電源ケーブル差込口あたりに「輪っか」を充てることでボタンオンを認識させることができました。
f:id:apicode:20170504100138p:plain
この位置は、スマホをカードボードに差し込んでも磁石ボタンのところとはずいぶん離れています。
 
おそらくスマホによって、この磁石ボタンが反応する位置が違うのかもしれません。
 
ということでおすすめの対応策?としては、磁石の「輪っか」をスマホのいろんなところにあてて反応具合を調べる、...ということです。
もっともこれで無事反応しても、カードボード上からどうやって操作すべきかという大問題は解決されません....が。

グーグルカードボード


スポンサーリンク



注目記事