困ったー[ゲーム部]


【スマホゲーム】Angry Birds AR 面白いけど動作はかなり重かったです!



【スマホゲーム】Angry Birds AR 面白いけど動作はかなり重かったです!
投稿日:2019/09/18 08:37
更新日:2019/09/18 08:37
文字の目安:2503
2019年令和元年一発目の記事は「Angry Birds AR」の紹介です。
Angry BirdsシリーズのAR版がリリースされました。
ARで身近な場所に合成できるうえ、ゲーム自体も3Dの構造体を使ってプレイできる楽しみ方があります。


1 Angry Birds ARとは?

Angry Birdsは、スマホ初期から人気を獲得したアクションパズルゲームです。
鳥たちを飛ばして建物を破壊するというゲームですが、物理エンジンが採用されているため倒し方をうまくイメージしながら攻撃するのがコツです。
 
以下より無料でダウンロードできます。
https://itunes.apple.com/jp/app/angry-birds-ar-isle-of-pigs/id1456120259?mt=8
 
 

2 Angry Birds ARの始め方

起動するとこんな感じ。

 
カメラの許可をしてメイン画面へ。すでにカメラと合成されています。

 
まずは床を認識させます。
こにょうに床に近すぎると「近すぎ」として、下のバーが赤色のままです。

 
程よい場所にあると下のバーが緑で「よい」と出ます。
そしたらタップして確定しましょう。

 
するとゲーム開始です。

 
向きを決めてから発射。建物をうまく粉砕しましょう。

 
 
成績などもAR上で表示されます。

 

面白い?

ゲーム自体はそれなりに楽しいです。
しかし通常のアングリーバーズシリーズと比べると、3Dなので横幅の倒れ方も考えないといけない分、若干難易度はあがっています。
 
1ステージは短いゲームですが、ARですと通勤途中はなかなかプレイしずらいかもしれません。
ARという面白さはあるものの、プレイする状況が限定されてしまいます。
そのあたりで評価が分かれるかもしれません。
 
 

3 Angry Birds ARの不具合

動作がつっかえる?

うちでは動作が止まるとまではいかないにしても、ちょっとつっかえるかなというところは多々ありました。
 
AR自体で処理が重いうえ、3D物体として物理計算をしていることも処理の重さに影響しているのではないかと思います。
 
アイフォン8ですが、通常の2Dのアングリーバーズではつっかえることはありません。

アンドロイド iPhone



注目記事